東海脊椎脊髄病研究会

松山代表幹事からの御挨拶

松山幸弘この度、伝統ある東海脊椎脊髄病研究会、第6代代表幹事を拝命いたしました浜松医科大学整形外科の松山です。大変光栄であり、また身の引き締まる思いであります。数多くある地方の脊椎関連研究会の中でも全国的に知名度の高い東海脊椎脊髄病研究会の歴史を振り返ってみますと、昭和46年8月9日に兼松先生(豊橋市民病院)、田島宝先生(静岡済生会病院)、中島昭夫先生(中部労災病院)、前田博司先生(名大)、室捷之先生(高山久美愛病院)、吉田徹先生(刈谷トヨタ病院)が世話人として発足し、昭和46年9月18日に第1回「東海脊椎外科懇話会」症例検討+講演として開催されました。以後1年に一回開催され、そして昭和52年からは年2回開催されることになりました。昭和62年3月には雑誌「東海脊椎外科」第1巻が創刊され、昭和63年4月1日には東海脊椎外科研究会会則が定められ、幹事制度が導入されました。初代代表幹事に室捷之先生が就任されました。以後室先生は積極的に研究会の発展と東海地方の脊椎外科医の育成に努められ、昭和63年4月16日に第29回「東海脊椎外科研究会」と改名し、平成元年4月1日に東海脊椎外科研究会会則・改正を行い、常任幹事を定めることになりました。以後この研究会は発展をし、代表幹事は

  • 平成12年4月〜平成18年3月: 吉田徹先生
  • 平成18年4月〜平成23年12月: 中井定明先生
  • 平成24年1月〜平成29年12月: 加藤文彦先生
  • 平成30年1月〜令和元年12月:蜂谷裕道先生

と受け継がれて参りました。代表幹事が受け継がれる中、平成18年11月11日:第66回「東海脊椎脊髄病研究会」と改名され、平成19年4月:雑誌「東海脊椎外科」第21巻~表紙の改定、そして平成22年5月にはJSR統合誌「東海脊椎脊髄病研究会特集号・第1巻」発刊され、進化をしてきました。
この歴史からわかるように、多くの偉大な先人の努力と、東海地方の脊椎脊髄外科医の和を大切にする雰囲気が東海脊椎脊髄病研究会を育て、そして学閥を超えた多くの優秀な脊椎外科医を育ててきたものと思います。
この研究会での発表は、若手脊椎外科医の登竜門であり、そして新規脊椎治療の披露の場であると思います。忌憚のない意見を交わし、お互いを高めあい、そして親睦を深める素晴らしい会であるからこそ長年にわたってみなさんに可愛がられ、そして進歩をしてきたのではないでしょうか。
私たちが忘れてはならないのは、私たちの発表を学会誌に残すことで歴史を刻んできたことです。この学会誌の編集、刊行にあたって大変な御尽力を払ってこられた(いや継続して払われ続けておられる)室捷之先生、そして室先生を援助されてきた伊藤茂彦先生、加藤文彦先生、この場をお借りして御礼を申し上げたいと思います。この伝統ある、素晴らしい会をさらに盛り上げるよう努力する所存ですので、会員の皆様、どうかよろしくお願い申し上げます。

令和元年11月19日
浜松医科大学整形外科
教授 松山幸弘

新着情報

2021.7.1
第95回東海脊椎脊髄病研究会と第96回東海脊椎脊髄病研究会は以下の概要で開催される予定です。
第95回東海脊椎脊髄病研究会
開催日/2021年11月27日(土)
当番幹事/
岩井智守男先生、野澤聡先生、増田剛宏先生、宮本敬先生
特別公演/
今釜史郎先生(名古屋大学整形外科学/リウマチ学教授)
「脊椎脊髄疾患への挑戦 ~臨床から基礎研究まで~」

第96回東海脊椎脊髄病研究会
開催日/2022年6月4日(土)
当番幹事/
安藤智洋先生、小林和克先生、佐竹宏太郎先生、 都島幹人先生
2021.6.7
2021年6月5日(土)に第94回東海脊椎脊髄病研究会が以下の概要で開催されました。
第94回東海脊椎脊髄病研究会
当番幹事/
中島宏彰先生、松山幸弘先生、安田達也先生、吉原永武先生
特別公演/
金子慎二郎先生(藤田医科大学医学部脊椎・脊髄科教授)
「成人脊柱変形に対する矯正手術に於ける進歩と課題」